p_pxxxをフォローしましょう
p.p crystal

OFFICIAL WEB SITE

 幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」 展 





幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展

André Pieyre de Mandiargues“Le Lis De Mer”

ボナ・ド・マンディアルグ
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/02/mandiargues.html


●参加作家
みつばち@BabybeeLIENRico*(vanilatte)
michiru(babydow)P.P★★★ CRYSTAL


協力●Lhiannan:Shee / mantam /
(株)WiZ / LIBRAIRIE6 / GALLERIA AMICA


創刊から三十余年、「マンディアルグ+ボナ」特集でスタートした夜想が、
パラボリカ・ビスの『幻想の書架』の会場で
「マンディアルグ/海の百合」展を開催します。

『海の百合』に描かれた、儀式に向う少女の感覚は、
マンディアルグの作品に共通したテーマのひとつです。
少女の儀式と■2012年02月25日[土]〜03月19日[月]

■月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00
■水曜日休館(会期中、臨時休館を頂く場合もございます)
■入場料:500円
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180
map

それにともなうフェティシズムという男性垂涎の感覚が、
70年代の澁澤龍彦や生田耕作ではなく、
10年代の女性作家によって読み解かれると、
どうなるのか興味深いところです。
女性たちの少女に対する視線には、明らかにゲンズブール的な
男性要素も含まれているからです。
どちらか一方的な感覚でない少女の描き方、
それが10年代以降の少女表現であるように思います。
夜想はまた幻想文学に新たなアプローチをしたいと思います。
会場にはボナ・ド・マンディアルグの絵画、マンディアルグの初版本、
サイン本など、ゆかりの品々も展示されます。

--------------------------------------------------------



http://ameblo.jp/p-pxxx-crystal/entry-11156769971.html

 人形作家のみつばち様、夜想編集長の今野様に
ご縁を頂き「 ガラスの 百合 」を 作らせて頂きます
どうぞお立ち寄りください





Event comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.pp-crystal.com/trackback/114


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |