p_pxxxをフォローしましょう
p.p crystal

OFFICIAL WEB SITE

カタチ




776015157_193  a.jpg


 痛みと共に飲み干す

凶暴な愛のカタチ



le soleil



Photographer・Poem comments(0) trackbacks(0)
優しい夜に

 







黒いヴェルヴェットの布で目隠しし、
後ろ手に手錠でもしようか


立ったまま
両足をまっすぐに伸ばして広げさせ、
夜景をバックに
ガラス窓に寄りかからせる


静寂の中で、
耳をすませると
聞こえてくる、
わずかに乱れた息遣い


私から声をかけることは、
殆ど、ない


首筋にそっと唇を這わせ
口に含んだ赤ワインを
垂らしていく
ゆっくりと、
少しずつ


白い肌を血のように滑っていく
一滴一滴を愛で、
最後は茂みへと吸い込まれていく様子を
眺めていたい


そして
筆先から滴る液体は
床に置かれたワイングラスを再び満たし、
私はその甘みをゆっくりと味わう


白く艶かしい
生身のキャンバスに
赤い絵の具の痕跡が残る、
最高のオブジェを眺めながら


by Le Soleil

Photographer・Poem comments(0) trackbacks(0)
P.P★★★



 


煌々と紅蓮の光を放ち
妖淫に体をくねらせし流動体

官能の叫びは瞬時に凝固し
永遠の木魂となり


歪な棘は
暴れ出ずる灼熱の噴流

鋭い切先は
凶暴な焔の化身


氷よりも冷たく
硬質の体と化して尚
見る者を溶かし呑み込み
触れる者を激しく揺さぶる


蝋燭の炎に照らされ
妖しく揺らめく煌きは
静謐の結晶体に宿されし
劫火の記憶か…


                by   Le Soleil

Photographer・Poem comments(0) trackbacks(0)

<< | 2/2 |

Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |